DHA・EPAサプリはどれを選んだらいいの?

たくさんあるDHA・EPAサプリメントの中から自分に合った商品を見つけるのは大変ですよね。そこで当サイトではDHA・EPAサプリを選ぶ時に注目すべきポイントをご紹介し、数あるサプリメントの中から、『自分にちょうどいいかも〜』と思えるDHA・EPAサプリ商品が見つかるようにお手伝いします。

 

選び方のポイントはコレ!

続けやすい価格か?
DHA・EPAの効果はすぐには体感できにくく、ある程度の期間飲み続けることが肝心なため、長く飲み続けられる価格なのかがポイントです。

 

DHA・EPA含有量とコスパ
DHA・EPAがどれだけ含まれているかは重要だけど、たくさん含まれているから高いサプリでは続けられません・・・1日・1回あたりのコスパで比較すると分かりやすいです。

 

お試し・初回購入のお得感
初めて飲むサプリは本当に自分に合っているのか不安ですよね?だから初めて買う時は少しでも安いほうが始めやすいものです。初回購入割引きや特典は要チェックです。

 

DHA・EPAサプリメントに悩んだ時は上の3つのポイントに着目すると選びやすいとは思うのですが、あともう1点あげるとすれば『DHA・EPA以外にどんな成分が含まれているか。』って気になりませんか?
DHA・EPAサプリ商品を色々みていくと主成分以外の成分に違いがあることに気が付きます。(同じような成分の場合もありますが・・・)
DHA・EPA以外の成分に何が入っているかで販売会社(メーカー)の考え方みたいなものも見えてきますので補足的に参考にしてみてはいかがでしょうか。

 


人気のDHA・EPAサプリメント比較

大手メーカー・製薬会社など人気のDHA・EPAサプリの定期購入価格で比較してます。
価格は税抜き価格です。

DHA・EPAサプリメント 初回割引 商品価格
1日あたり
DHA含有量
その他の成分

やずや
青魚の知恵

初回半額
1,000円
1,800円
60円
送料無料
170mg
DHA 128mg
EPA 42mg
カルシウム
アミノ酸

サントリー
DHA&EPA&
セサミンEX

  4,950円
165円
送料無料
400mg
DHA 300mg
EPA 100mg
セサミン
ビタミンE

きなり

初回限定
1,833円
3,790円
126.3円
送料無料
500mg
DHA 450mg
EPA 49mg
アスタキサンチン
ナットウキナーゼ

小林製薬
ナットウキナーゼ&
DHA&EPA

会員特典
初回割引
有り
1,500円
50円
送料無料
71mg
DHA 60mg
EPA 11mg
ナットウキナーゼ
ケルセチン

サトウ製薬
美健知箋EPA&DHA

初回84%OFF
1,000円
4,611円
153円
送料無料
750mg
DHA 550mg
EPA 200mg
ビタミンE

 

もっと詳しい比較表が見たい方はこちら
>>>DHA・EPAサプリメント商品詳細比較

DHA・EPAのはたらき

DHA・EPAはこんな人に好まれています

  • 集中力・記憶力・頭の冴えを維持したい
  • ダルさや重さが気になる
  • 去年の健康診断から悪化してないか心配
  • 年齢より若々しく見られたい
  • 赤ちゃんの元気な成長を育みたい

DHAやEPAはカラダの巡りが悪いと感じたり、体型や健康診断での数値が気になるような中高年向けの栄養成分と思われがちですが、勉強が大切な時期の子供から定年退職してからの頭の衰えを気にする方などにも注目されています。
また、赤ちゃんの発達を支えたい妊娠中や授乳期の女性にもDHAは注目の成分です。

 

 

DHA・EPAは健康な生活に欠かせない必須脂肪酸です

青魚に含まれるDHA・EPAは体の『めぐり』を良くするはたらきのサラサラ成分です。
DHA・EPAは不飽和脂肪酸の中のオメガ3に分類され、体内で合成することが出来なく、食事などで補うしかないため必須脂肪酸と言われています。厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」でも、健康維持には
『DHAやEPAは1日1g以上摂取することが望ましい成分。』と発表がありました。

 

DHA・EPAを含む食事

DHA・EPAを効果的に摂るにはどんな食事?

DHA・EPA成分を食事で摂取するためにはどんなレシピが効果的でしょうか?
基本的にはDHA・EPAは青魚の脂の中に多く含み、生の状態が1番効果的に取ることが出来ます。
焼いたり煮たりしてもDHA・EPAは分解されにくいですが、焼く場合は脂を無駄にしないようにフライパンで焼いて、その魚の脂で野菜も炒めるなどの調理がおすすめです。
魚の煮物の場合は煮汁も無駄にしないことが重要です。濃い目の味付けだと塩分のとりすぎになりそうなので注意が必要です。
いずれの食材も旬の時期の魚が1番脂が乗っていてDHA・EPAも豊富です。

 

 

DHA・EPAを1g摂れる食事とは?

『1日1g以上の摂取が望ましい』といわれるDHA・EPAですが、1gの量を体に摂り込むにはどれくらいの料理を食べればいいのでしょう?
例えばマグロの赤身なら700g以上、これは刺し身9人分に相当する量です。
(ちなにみ脂の多いトロだと2人分程度で採れるようです・・・)
イワシの刺し身約40g(1人前未満?)、アジの刺身150g(2人前ちょっとくらい?)。
焼き魚だと、一般サイズのサンマは半身程度、小さなイワシだと2尾程度。

 

赤身のマグロを9人前やアジの刺し身2人前は食べられませんがイワシや焼き魚ならなんとかなるかもしれません。
でもこれが毎日となると続けられる人はよっぽどの魚好きでしょうからそもそもDHA・EPAのことは心配しないで大丈夫!?
こんなに毎日刺し身や焼き魚は食べられないという方や、基本的に魚は食べないとか嫌いという方はサプリメントでDHAとEPAを補給するのが理想的ではないでしょうか。

 

 

>>DHA・EPAサプリの比較表はこちら